まだまだ飛びたいおじさんマイラー

アラフォー世代向けのお得な情報を発信します。自分が進める上で分からなかったこと、不安だったことなどを説明していきます。最近はハピタスとマイルにハマってます。

ANA便が満席で席を譲ったら7500マイル貰えた話 ソラシドエアに搭乗

飛行機に乗るときに搭乗ゲート前で待っていると、「本日、多数のご予約を頂いておりまして、席をお譲り頂けるお客様を探しています。お譲り頂いた場合は○○時発の便に振替となります。なお、謝礼として、現金1万円もしくは7500マイルを差し上げます。」というアナウンスを聞いたことないでしょうか。私は、多分、3回くらいあります。今回、ついに手を挙げてみたので、その体験をレポートします。

フレックストラベラー制度

飛行機は、予約しても当日乗りに来ない人や直前キャンセルもあるため、ある程度多めに予約をとっているのです。そのため、みんな乗りに来てしまうと、席が足りなくなるのです。そういった場合に、上記のようなアナウンスをして、席を譲ってくれる人を探します。謝礼は決まっているようで、当日中なら現金1万円か7500マイル、翌日の便になるなら、ホテル1泊に加えて、2万円か15000マイルの様です。

意外と競争率高い

さて、アナウンスがあると、結構すぐにカウンターに数人向かって募集終了になります。少なくとも私が出くわした時はそうでした。翌日だとなかなか居ないかもしれないですが、当日なら多少帰るのが遅くなるだけで7500マイルは美味しいですからね。

どうしよう〜と迷っていると終了アナウンスになります。行くならスッと行きましょう。

事前にある程度分かるかも

今回、私はフライトの3時間くらい前に、もっといい席が空いてないかな?と思って、アプリから座席変更をしてみました。すると、シートマップで空席が1つしか無かったのです。うそぉ?と思いつつも、その席の方が良い席だったので、変更しました。数時間前にシートマップを見るとある程度可能性があるかどうか分かりますね。

これは案外大事です。可能性がありそうで、申し込む気がある場合は、カウンター近くに座って、アナウンスがあったら、早押しクイズばりにアナウンスの途中でもカウンターに行ってしまえば良いですから。事前に迷える、これはメリットです。

意を決してカウンターへ

今回、私は、結構カウンターから遠い所に座っていました。アナウンスは1時間20分後のソラシドエアに振り返るというものでした。どうしよう、別に帰るだけだから1時間くらい構いません。でも、以前にパーッと早い者勝ちになっているのを見たことがあったので、完全出遅れだと思いました。

まぁ、面白そうだから(ブログのネタにもなりそうだし)ダメ元で行ってみるかと決心してカウンターに向かいました。なんと予想外ですがカウンターにはまだ誰も居ませんでした。

直ぐには決まらない

なんて言えば良いのかも分かりません。「あの〜ソラシドでも良いですけど」と口をついて出ました。もっとスマートに言うなら、「フレックストラベラー希望します」が良さそうですが、その時は知らなかったし…

すると、GSさんが「ご協力ありがとうございます。謝礼は1万円と7500マイルどちらがご希望ですか?」と聞いてきます。おおっ、間に合ったんだ!と嬉しくなります。もちろん7500マイルを希望します。だって、マイルは2円くらいの価値はあるからね。GSさんが少し意外という表情をしたような気がします。現金希望の人が多いのかな。

「かしこまりました。ただ、席が足りないかどうかまだ確定しないので、少しお待ちいただいてもよろしいでしょうか。」と言ってきます。なんと、まだ当選ではないのです。搭乗券を見せて、名前を伝えて待つことになりました。

ちなみに、席が足りない場合は、私の名前で呼び出しを掛けるので、再びカウンターにて手続き、足りた場合は、特に案内はないので、そのまま搭乗してくださいとの事。

期待せずに待つことに

なーんだ、ドキドキして損したな〜と思いつつ、カウンター近くの椅子に座って、スマホでゲームを始めます。2分もしなかったと思います。急に後ろから名前を呼ばれて振り返るとGSさんが居ます。「振り替えお願いしてもよろしいでしょうか」と言ってきます。ええ、もちろん良いのですが、早いな!そしてアナウンスじゃなかったのかよ!ゲームしててちょっと恥ずかしかったです。

さあ、改めてカウンターに向かいます。預入荷物はないかと聞かれ、ありませんと答えます。再び搭乗券を渡して、ソラシドエアの席はどこが良いかと聞かれます。席も決まり、さあ、書類にサインかなというタイミングで電話が鳴ってもう一人のGSさんが電話を取ります。

まだ決まらない

そして予想外な事を言い出します。「すいません、一人、まだ手荷物検査を通過されていなくて、乗れるかもしれません!」ほぉ、なんかラッキーって気になるから言い方って大事ですね。「もうしばらくお待ちいただいてもよろしいでしょうか?」もう、嫌ですとは言えません。分かりましたと言って待つことにします。

GSさんは、電話でまた話をしています。電話だと訛りがあるのですね、可愛らしいなぁと思いながら待ちますが一つ問題があります。

座席調整の為か、搭乗開始時刻をもう過ぎているのです。でも、なんのアナウンスも無いので、人がなんとなくカウンター付近に集まってきます。電話しているGSさんとにこやかに立っているGSさんがカウンターの中に居て、カウンター前には私が立っています。なんか、私がクレーム言っていて、搭乗開始遅れてるように見えないかと不安になります。もうどっちでも良いので早く決めてくれませんか…

ついにフレックストラベラーになった

電話が終わり「お客様、振替にご協力頂ける事になりました!」と言います。ポジティブって大事ですね。「手続きがあるのですが、先に…」ええ、わかってますよ。搭乗手続きでしょう、先にやってください、なにせ私は時間はありますから。

搭乗手続きが終わるとGSさんがやってきて、カーボン紙にサインをして、写しを受け取ります。

f:id:chevymb:20160330231052j:plain

「マイルはお客様のマイレージに加算させていただきます。ただ、すぐには加算されません。」ええ、構いませんよ。

そして、ソラシドエアの搭乗券をくれました。

f:id:chevymb:20160330231320j:plain

1時間はあっという間

ソラシドエアの搭乗ゲート付近で待つことにします。

ソラシドエアってLCCかな、と遅ればせながら、ソラシドエアについて調べたりします。儲かったので缶ビールも買います。缶ビールの向こうで、私が乗るはずだったANAが離陸しようとしています。

 f:id:chevymb:20160330235019j:plain

ソラシドエアはLCCとは違うようで、ANA系のようです。とりあえずシートピッチが十分広い事は確認できました。そうこうしていると、ソラシドエアの搭乗開始です。あっという間ですね。これで7500マイルはお得です。振替便が2時間以内ならありかな、と思いました。

ソラシドエアに搭乗

ソラシドエアも満席状態の様です。ここで、またフレックストラベラーの案内があったら面白いな、と期待しましたが、残念ながら無かったのでダブルフレックストラベラーの可否は検証できませんでした。

乗り換えたソラシドエアはシートも問題ない広さでしたし、飲み物のサービスも有りました。特に問題なく、定刻に羽田に到着しました。

マイルの積算など

7500マイルの加算は1〜2週間程度掛かるようです。搭乗マイルの方は普通に積算されていました。7500マイルは10日後に無事加算されていました。

f:id:chevymb:20160413063324j:plain

あなたが遭遇したら

感想としては、チャンスがあれば申し出るのをおすすめします。7500マイルは美味しいです。飛行機なんて、普通に1時間くらい遅れることあるのに、単なる遅延なら何も無いですからね。それがフレックストラベラーなら7500マイルです。それに、ちょっと貴重な経験出来てお得感もあります。

 

フレックストラベラーは、特典航空券とかでもOKらしいです。席が欲しいだけなので、航空券種別は問題じゃ無いのでしょうね。次回は、クレジットカードとハピタスでマイルを貯めて特典航空券で飛行機に乗りたいですね。

ana.hateblo.j

ana.hateblo.jp