まだまだ飛びたいおじさんマイラー

アラフォー世代向けのお得な情報を発信します。自分が進める上で分からなかったこと、不安だったことなどを説明していきます。最近はハピタスとマイルにハマってます。

UBER天国マレーシアで16回乗車!料金と体験談

アジア各国での車移動には、TAXIよりもUBERやGRABがオススメなのはもはや常識ですが、マレーシアは特にUBER天国だったので、天国ぶりをお伝えしたいと思います。

f:id:chevymb:20170913225435j:plain

マレーシアでは、コタキナバル、ジョホールバル、クアラルンプールでUBERをさんざん使いました。飛行機以外の移動はほぼUBERでしたが、とても快適でした。その乗車体験から注意点なども含めてお伝えしたいと思います。

UBERかGRABか

これ、よく話題になりますが、実際はどちらでも良いと思います。ただ、私はGRABには余り良い印象を持っていません。

GRABは使う国毎にクレジットカード認証が必要です。そのため、現地でクレジットカード登録をしないといけません。これがまた、上手くいかないのです。今のところVISAしか成功した試しがありません。空港から移動したいのに、エラーエラーでイライラしますよ。その点、UBERは日本でクレジットカードを登録しておけばそのまま使えます。

また、GRABは日本語対応していないので、行き先検索するときに日本語で入れてもヒットしないんですよ。例えば、UBERなら「クアラルンプール空港」と入れればヒットしますが、GRABではダメです。英語表記での入力が必要です。

また、UBERは東京でサービスを提供していますが、GRABは日本では使えません。そのため、事前に使い勝手をテストすることが出来ないのです、これもマイナスポイントです。

ということで、UBERの提供がある国に行く場合は、UBERをオススメしています。日本で事前にインスト−ルして設定して、実際に使っておけば、同じ感覚で現地でもサービスが利用出来ますよ。

マレーシアのUBER事情

マレーシアは、現地SIMも安いし、UBERも快適です。規制が少ないのかなと思いますが、このあたりは実に好印象で、国としてこれから発展していくんだろうなぁと思いました。

UBERの話に戻しますが、コタキナバル、ジョホールバル、クアラルンプールで全部で16回乗車しました。その経験から、気がついた点など解説していきたいと思います。

プリペイドSIMでローカル電話番号を登録しておこう

マレーシアは、プリペイドSIMがお安いので、ゲットしておきましょう。UBERを使うにもプリペイドSIMは必要です。その際、ローカルの電話番号が貰えますので、UBERを起動して、プロフィールから自分の電話番号をローカルの電話番号に一時的に変更しておきましょう。

上手く会えない時などに、運転手が電話してくることがあるので、ローカル番号に変更しておくことをオススメします。別に日本の電話番号のままでも、たぶん電話して通じなければキャンセルされるか、メッセージ送ってくるかだろうから構わないと思いますけどね。ローカル番号に変えておいた方がスムーズなのは間違いありません。

都市部のUBERの料金目安

クアラルンプールやジョホールバルでは、タクシー料金と余り変わりません。1〜2割程度安いかなという程度です。クアラルンプール市内からKLIAまでは75リンギットくらいでした。市内のちょっとした移動だと、3〜6リンギットくらいですので、まぁ安いです。流しのタクシーがメーター使ってくれるかどうか分からないことを考えると、UBERの方が安心です。

コタキナバルは激安

コタキナバルのタクシーは、なんと交渉制です。空港から、ラサリアリゾートまでの目安はなんと90リンギットだそうです。思いっきり足元見られてますね。UBERでは、30リンギット前後ですから、なんと3倍です。

f:id:chevymb:20170913225021j:plain

また、ラサリアリゾートから4kmほどのところにシーフードレストランがあるのですが、ホテルでタクシーを頼むと、食事中待機しててくれるそうなのです。でも料金が100リンギットほど・・・だそうです。UBERで行くと、片道7リンギットくらいです。帰りも問題ありません、ちゃんと周囲にはUBERの車居ますので、少し待てば配車されます。コタキナバルでは、絶対にUBERを使いましょう。

配車依頼すると結構連絡が来る

配車依頼の操作方法自体は日本国内と全く同じです。恐らく戸惑うことは無いと思います。ただ、日本と違うのは、配車依頼後、30%くらいの確率でドライバーから連絡が来ます。連絡ですが、電話が掛かってくることもありますが、高確率でUBERアプリでメッセージが届きます。SMSみたいな感じなのですが、メッセージだと英語で書けば良いので話すより多少楽です。

届く内容で一番多いのは、どこへ行くの?というヤツです。UBERは客を乗せて乗車開始にするまで行き先がドライバーには分からない仕組みになっています。理由は恐らく、乗車拒否防止のためですね。それでも、どこへ行くか聞いてくるドライバーは居ます。

これ少々ウザイですが、まぁ正直に答えましょう。先方がキャンセルすれば自動的に次のドライバー捜しが始まり、すぐにマッチングされますので、特に問題ありません。

変なドライバーは遠慮せずにキャンセル

たまに、配車されているのにどっか行っちゃう人とか、なかなか動かない人が居ます。これらのケースでは、こちらから電話してしまうのが早いです。移動開始するまで10分くらい待ってと言われ待ちましたが、20分くらい動かないことがありました、恐らく昼飯でも食っていたのです。問答無用でキャンセルすれば良かったと後悔しきりです。

別にキャンセルしても他の人に頼めば良いだけなので、困ることはありません。評価の低いドライバーや変な動きのヤツはキャンセルしちゃってOKです。

ジョホールバルからクアラルンプールへは行ってくれない

ジョホールバルからクアラルンプールへ移動する必要があったのですが、よくオススメされている交通手段は高速バスです。ホテルからUBERでバスステーションに行って、高速バスにのり、到着地のバスステーションから、ホテルまでUBERで移動です。高速バスは40リンギット前後の料金で、移動時間は4時間ほどです。

でも、荷物も多いし前後の移動がめんどくさい、試しにUBERに目的地のホテルを入れてみると、なんと270リンギットほどです。

f:id:chevymb:20170913225104j:plain

ダメ元で配車依頼をしてみましたが、結論的にはNGでした。当たり前ですが、行くのは良いけど、彼らも戻ってくる必要があり、逆方向の配車依頼がほぼ期待できないため、行けないと言われてしまいます。UBERでの移動は、せいぜい100kmくらいまでですかね。

事前に日本で練習

UBERでの移動を予定されている方は、事前にアプリを入れて、都内で試しておくと良いと思います。海外でも全く同じ操作ですので、事前に言葉の通じる日本で経験しておくとスムーズです。始めて使う方は、クーポンコードubermbueで1500円分の無料チケットが貰えますので、是非どうぞ。日本でのUBERはハイヤーの車両なので、乗り心地最高ですよ。特にVANはオススメ!

だいたい3kmくらいまで、無料で乗車出来ますよ。

登録方法などはこちらから。

マレーシアには、ハピタスでマイルを貯めて、ほぼタダでビジネスクラスで行きました。興味があるかたは、こちらもどうぞ。

www.ar40.top