まだまだ飛びたいおじさんマイラー

アラフォー世代向けのお得な情報を発信します。自分が進める上で分からなかったこと、不安だったことなどを説明していきます。最近はハピタスとマイルにハマってます。

ふるさと納税もポイント還元の時代に

最近は、ふるさと納税も競争が激しきなってきましたね。人気の自治体はすぐに品切れになってしまうし、不人気で赤字のところもあるみたいです。

ふるさと納税サイト

ふるさと納税を取り扱うサイトも増えてきています。一番有名なのは、1788自治体を取り扱う「ふるさとチョイス」ですね。

f:id:chevymb:20160417000340j:plain

むしろ、このサイトしか無かったのですが、最近は違うサイトも登場してきました。

さとふる

ソフトバンク系のふるさと納税サイトです。

f:id:chevymb:20160417000410j:plain

自治体数は78ですが、迅速な発送や電話サポートをうたっています。大手資本だけあって、サイトの作りもしっかりしています。ふるさと納税やってみたいけど、不安がある方は良いかもしれません。

ふるなび

自治体数は13とまだまだ少ないですが、さとふる同様にしっかりしたサイトです。わかりやすく、ネットショッピングと同じ感覚で寄付できそうです。

f:id:chevymb:20160417000746j:plain

ANAふるさと納税

なんと、ANAふるさと納税サイトをオープンしています。

f:id:chevymb:20160417000732j:plain

まだ12自治体と少ないですが、1寄付毎にANAスカイコイン100が貰えるそうです。1コインは1円なのでたいした物じゃ無いですが、飛行機とセット等のANAならではの取り組みに期待したいですね。

ふるさと納税はポイントの時代に

自治体間の競争も熾烈になってきていますが、換金性が高いとNGなので、還元率の向上も限界があります。70%還元だった大多喜町のふるさと感謝券も指導が入り、60%に下方修正されました。

そうなってくると次に始まるのは、利便性の向上やポイント制度、寄付を呼び込むアフィリエイトになってくると思います。

ポイントに繋げよう

クレジットカード決済が出来るだけで、クレカのポイントが貯まります。ワイドゴールドカードなら、最大1.71%のマイルが貯まります。

更に、ハピタスでの取り扱いも始まっています。

さとふるは、1利用毎に350ポイントです。1万円の寄付なら還元率は3.5%になります。

f:id:chevymb:20160417000812j:plain

ふるなびは、1〜1.4%の還元をしています。

f:id:chevymb:20160417000843j:plain

この傾向は加速していくでしょう。ふるさと納税もハピタス使って最大の還元率を実現しましょう。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス